悲劇を繰り返すな

本日、しんぶん「赤旗」日刊紙に「横浜の米軍戦闘機墜落から35年」の記事が掲載されていた。林さん親子ら9人が死傷した大事故だったが、亡くなった林和枝さんは、私と同じ年(当時26歳)だったいうこともあって、あの事故のことは鮮明に覚えている。

1977年(昭和52年)9月27日、厚木基地を飛び立った米軍戦闘機が住宅地に墜落した。パイロットは自衛隊ヘリで救出されたが、大火傷を負った母子らを運んだのは近くで工事をしていた人たち。その後到着した米軍は、救助にかかわることなく周囲の立ち入りを規制。証拠になるエンジンを回収して本国に送り、日本側は、証拠の収集すら出来ないまま。

林和枝さんの長男、裕一郎(当時3歳)ちゃんは、全身大火傷で翌日午前0時50分「おばあちゃん、パパ ママ バイバイ」との声を残して息を引き取ったと言う。また、弟の康弘(当時1歳)ちゃんも、後を追うように「ポッポッポ」の歌をかすかに歌いながら息を引き取った。

和枝さんも、全身8割にも及ぶ火傷で1ヶ月以上も絶対安静の危篤状態が続いた。和枝さんに子どもたちの死が知らされたのは事故から1年4ヵ月後のことだった。その後和枝さんは、「子どもの分まで生きる」と入退院を繰り返しながらも懸命に生きたが事故から4年4ヵ月後、精神病院で息を引き取ったのである。

もうこんな悲劇は二度と繰り返して欲しくない。何故、何の罪もない普通に暮らしている子どもたちや主婦が命を奪われなければならないのか。最愛の子どもたちと自らの命を奪われた和枝さんの無念の気持ちを考えると涙をおさえる事が出来ない。

今後も、米軍戦闘機の低空飛行訓練とオスプレイの配備、訓練を止めさせるために頑張りたいと思う。

悲劇を繰り返すな」への4件のフィードバック

  1. NHKの加賀美アナが、一瞬、声を詰まらせ放送したのを、今も、鮮やかに思い浮かべています。あれから、もう35年経ちましたか・・・。哀れすぎますネ。

    • 何時もコメントありがとうございます。
      ほんと悔しいし、悲しい出来事でしたね。生きておられたら61歳。孫さんと楽しい人生を過ごしておられたかもしれないのにね。あんな悲劇は二度と繰り返してはいけないですね。

  2. パパママバイバイという映画のポスターが、家の近所の掲示板に貼ってありました。
    当時5歳だったのですが、「パパともママともバイバイしたくないなぁ」と、そのポスターを眺めて感じたことが強烈に心に焼き付いています。
    映画を見る機会はなく、内容も知らないまま生きてきました。
    養護施設に預けられ、父も母もなくしてしまった私は、ときどきパパママバイバイという言葉がリフレインすることがありました。
    今日、検索して、その映画の内容を知りました。
    酷すぎる話です。
    教会で祈りたいと思います。

    • コメントありがとうございます。
      早いもので、あの事故からやがて40年になりますね。
      わが家の上空を戦闘機が飛ぶたびに、実態を多くの人に知っていただき、やめさせるよう微力ながら努力してきました。
      低空飛行訓練って、いかに効率的に人を殺すかの練習ですから、こんなの黙って見過ごすことは人間としてできないことですよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中