映画「ひまわり」を観てきました

02723日、滅多に映画を観にいくことはありませんが、この映画は観ておかないといけないと思い阿南市まで出かけました。

1959年6月30日の「沖縄・宮森ジェット機墜落事故」、2004年8月13日の「沖縄国際大ヘリ墜落事故」などを通じ、平和とは何かを改めて考えさせられる映画だったと思います。DSCF0975

事実に基づいてつくられたそうですが、印象に残っているのが、自らもケガをし、同級生の死を目の当たりにした良太が、沖縄国際大学でのコンサートの舞台に立ち、涙ぐみながら訴えるシーン。「今日は、宮森小学校の、あの時の同級生、先生、一緒に遊んでいた下級生のお母さんも来ています。みんな大切な人をあの事故で亡くしました。あれからもう53年も経ったのに、あの日のことを忘れたくても一日も忘れられません。豊とは毎日遊んでました。茂と一平と4人でよ~く遊びましたよ。豊はで~じ食いしん坊で、何でも良く食べました。広子は大浦から転校してきました。可愛い子だったよ~。エイサーがとっても上手でした。隣の席だったのに、広子だけ死んで、私は・・・・、それと一平。一平2年生でした。給食のミルクがで~じ嫌いだって言ってからに・・・・ひまわりが好きでした。大好きな聡子先生にひまわりを渡して死にました。ブランコに乗って死にました。・・・・・・・・・あの日のことを・・・あの日のことを何度も忘れよう、忘れようとしました。だけど、忘れられるもんではありません。でも、間違っていたさ~。忘りて~ならん、絶対忘れてはいけんさ~・・・・・・ありがとう。あんたたちがいれば、絶対に沖縄は大丈夫さ~。青い平和な空が戻ってくるよ~。きれ~な青い海が戻ってくるさ~。みんなありがとぅねぇ」。

昨年暮れから、我が家の前を米軍の戦闘機が頻繁に飛ぶようになった。滅多に目にすることの無い人は、無関心でいても仕方がないかも知れない。また、アメリカが日本を守るために訓練しているのだなどと考えている人は、むしろ感謝しなければと思っているかも知れない。

しかし、12t以上の金属の塊が時速800kmを超えるスピードで低空飛行していれば、パイロットの一瞬の判断ミスなどで大事故につながることは間違いない。被害を受けるのは、無関心の人も、感謝しなければならないなどと思っている人も関係ない。ゲームでないから失われた命は元には戻らない。また、良太のように、命が助かったとしても、一生悲しみを背負った人生になるかも知れない。

大したことはできないけれど、一人の犠牲者も出さないように、政治に関わる者として今こそ力を尽くさなければと思う。犠牲者が出てから、いくら抗議しても失われた命は二度と戻ってきませんのでね。

「ひまわり 沖縄は忘れない」で検索してみてください。宮森小学校米軍機墜落事故のことが良く分かります。

今後、県内で何ヶ所か上映されるようです。是非ご覧になってください、おすすめ致します。

広告

オオウナギ健在

出羽島で楽しみにしていたのがオオウナギとの再会でした。スタッフさんに聞けば教えていただけますが、2匹住んでいる水溜り(別々ですが)があります。今までで一度は頭だけ、もう一度は全身を観ることが出来ていますが、今回、出羽島に行ったのもその後元気で居るのかどうか確かめたかったのです。今回も、何時ものように餌の代わりに小さい石ころを居るであろう穴の前15cmほどの所に落とし込みました。この15cmほどというところが大切で、遠すぎても近すぎても上手く行かないんです。今年は居ないのかな~と思いながら5個ほど投げ込んだ頃、やっぱり居ました。頭を10cmほど出して、すぐに引っ込みました。相変わらずデカイです。おそらく胴回り20cm前後はあると思います。出羽島に行かれたら是非観られたら良いと思います。あんまり行ったらウナギさん迷惑かな・・・・。

画面下の黒く観えるのがオオウナギの頭です。
020

出羽島アート展に行ってきました

芸術には無縁の私ですが、地元でということもあり一度は行かなければと思っていましたが、近くて遠い出羽島です。なかなか行く機会がなく本日になってしまいました。船着場には、元商工会会長、元校長、元教育長などをされていた方々が、スタッフとして出迎えてくださり、案内までしていただきました。

スタッフさんによりますと、以前には魚の加工場が複数あり、1000人ほどの人口で賑わった時期もあったとか。そんなの初耳でした。

003005007009016030漁師のおばさんが天草を干していて「以前、みのもんたさんが放送の中で寒天が良いって言ったら値段が倍になった。もういっぺん言うてもらわんといかん」って言ってました。水温のせいか、海草の育ちが悪いそうです。

 

 

 

今日は、良いときに行きました。牟岐町のコーラスグループ「ブルーエコー」の方々が、出羽島まで行ってくださり、船着場で「花」「ふるさと」「牟岐港節」などを歌ってくださいました。そして、出港の際には、スタッフのみなさんと一緒に手を振って見送っていただきました。私なんぞは、地元の人間で自宅に帰るだけなのに、つい涙が出そうになりました。

出羽島アート展は、今月末までです。時間が止まったような空間を是非味わっていただけたらと思います。

049053

牟岐小学校の卒業式に出席しました

19日、午前9時30分より式が始まりました。今年の卒業生は、男子16名、女子16名の32名。ここでの卒業式は、今回で最後。今後、在校生と新入生は中学校敷地に移転した新校舎で学ぶことになります。

DSCF0878
名簿を見て気がつきましたが、今回の卒業生、我々の世代のように、〇男とか〇子などの名前の子は一人もいませんし、カナをうってもらわないと読めないような名前ばかりです。子だくさんの時代とは違って、数少ない子どもを、夫婦があれやこれやと練りに練ってつけた名前なんでしょうね。

校長先生からは、こつこつ努力をすれば最後には希望がかなうという意味だと思いますが、「雨だれ 石をうがつ」ということわざを卒業生に贈っていただきました。本当にその通りで、何時も夢を持ち、その実現のためにこつこつ努力できる人間でありたいですね。校長先生も退職され、新たな人生を歩まれるそうです。

DSCF0879DSCF0881

オスプレイが飛んだ

19日、午後3時56分、オスプレイらしき機影が見えた。黄砂のせいか空がどんよりしていて良く分からなかったが、我が家の上空を東から西方面に2機飛び去った。あの音からはオスプレイに間違いないだろう。
今のところは、かなりの上空を飛んでいるが、その内、夜間の超低空飛行もやるんだろう。安倍さんに言いたい。「取戻そう日本を」。

021

021

ぼったずれ

「ぼったずれ」?? 県内の人だったら分かるだろうか? 正確かどうか分からないが、私は、「ずぶ濡れ」という意味で使っている。

昨日、大荒れの天気がおさまりかけた夕方、何時ものようにチビとクロを連れて散歩に出かけた。クロちゃんは、チビと離れないので川の土手を歩くときは引き綱をつけていない。ところがクロちゃん、何を思ったか、いきなり増水している川に飛び込んだ。あっという間に下流に流されたので、「早く助けないと」と思って、必死になって駆けつけたが、何とクロちゃん、誰に習ったのか犬かき泳法で無事に陸に上がってきた。おそらくクロちゃん自身がビックリしたと思うけど、危ないところだった。身体は、随分大きくなったが、人間でいえば小学生の低学年というところだろうか、まだまだすることが幼稚なのだ。

一夜経ったが、昨日のこともあり、クロちゃん「ぼったずれ」のままだ。早く乾かそうとしているのか日差しを求めて身体を再々移動している。

002001