マラソンの応援に行きました

29日、南阿波サンマラソン牟岐ハーフの応援にバーさんと2人で行ってきました。例年は、牟岐中学校を会場に11月に行われるのですが、種々の事情により延期。会場を牟岐町海の総合文化センターに移して開催されました。大会には、県内の方がほとんどですが、東京や千葉などの遠方から参加された方もいらっしゃいました。参加者は、全体で606人。町内からは、9人の方がエントリーしました。

会場には行けなかったので、2008年11月の写真を使いました。午前9時半スタート。今年のスタートもこんな感じだったっと思いますが、寒さが厳しくなっているので、選手のみなさんは、もう少し厚着でした。

コースは、サンラインの明丸展望台で折り返すのですが、高低差が大きく、選手にとっては大変厳しいコースになります。

応援するならサンラインと決め、出羽島、津島が観える景色の良い所にしました。

スタートから30分ほどすると、選手のみなさんの姿が。一部の先頭集団を除き、この時点では力の差は少ないのか、ほとんどひと塊になって通過して行きました。選手のみなさんも、景色を眺める余裕もあったようでした。

しかし、帰りは大変。息遣いも荒くなり、汗が帽子をつたってポタポタ。フラフラ倒れそうになりながら走っている方や片足をひこずりながら走っている方も。応援にも力が入ります。

バーさんの声がだんだん大きくなります。拍手をしながら、「もうちょっとやけん がんばりよ~」「ねえちゃん、ようがんばってきたけど、もうすこしやけんな~しんぼうしいよ~」「つらいけんど もうすこしやけん がんばりよ~」。

不思議なもので、バーさんの声援を聞いた選手のみなさんが元気になって行きます。歩いていた選手が走り出したり、苦しそうな顔が一瞬笑顔に。会釈をしたり手を振って応えてくれる選手も。

2時間半ほど応援して帰ってきましたが、バーさん、「のどが嗄れてしもた」「足、いた~」やって。そりゃ~そうでしょう。足が痛くて、そんなに歩けないのに立ちっぱなしやったし、応援にも力入ってたもの。

広告

徳新 「読者の手紙」欄に回答が載りました

1月7日付、徳島新聞「読者の手紙」欄に、私が投稿した「車運転中の津波対策が必要」に、四国地方整備局徳島河川国道事務所より23日付、同紙で回答が寄せられました。

東日本大震災での被害の実態から教訓を明らかにし、近い将来必ず起こるであろう連動型地震津波に対し、しかっりとした対策をし、犠牲者を少しでも少なくすることが、今回の震災で犠牲になられた方々に対する最大の供養と考え投稿させていただきましたが、同事務所から、「今後とも関係機関などとの連携や調整を行い検討を進めて行きたい」などの回答がありました。

電子掲示板での情報表示をしていると言っても数は全然足りていないし、対策は、これからというのが現状だと思います。是非、対策を早期に進めていただきたいものです。また、私たちも、常日頃、いざという時の準備を十分しておくことが大切ですね。でも、なかなか本気になれないんですよね。生死にかかわることなのにね・・・・。

出初式に出席しました

8日、午前10時より、牟岐小学校グランドで牟岐町消防団員172名参加のもと、出初式が行われました。もう長いこと来賓として出席させていただいていますが、何故かこの日は、何時も天気が良く、今まで会場変更したことは一度もありません。でも、静かに座っているだけだから、寒くてガタガタ震える時が多々あります。

今年の出初式は、昨年の東日本大震災で、消防団員の方々もたくさん亡くなったということで黙祷から始まりました。地震津波発生当日は、消防団員の方々も、まずは、自らの命を守ることに専念してほしいですね。命があってこその消火、救助ですので。

各分団が日頃の訓練の成果を披露しました

大川橋付近でポンプ放水です

徳島新聞 読者の手紙欄に掲載されました

徳島新聞・読書の手紙欄に、「車運転中の津波対策が必要」を表題に、私の投稿が掲載されました。

ほんのわずかな期間にしろ、被災地を直接観て来た者として、また、たくさんの方々の犠牲を無にしないためにと、投稿させていただきました。

この頃、「少し神経質になってないか」って言われることが多くなりました。確かにそうかも知れません。人に会う度に、「津波のとき何処に逃げるん」って、聞いてるもんね。でも、東北地方の方々が今回経験したような地震津波を、近い将来(明日かも知れない)、私たちも経験せざるを得ないとすれば、そんなにのん気には居られない筈です。もちろん、神経質になりすぎてはいけないけれど、なんたって、生死に関わることだから、必要最低限の準備はしておかなければなりません。まだ、本気になっていない方々の多いのが気になります。

成人式に出席しました

 昨年に続き、成人は舞台。来賓、家族などは客席で。教育委員会での議論でこのようなかたちになったと思うけど、この方が良いですね。

 今年の成人式該当者は、男性29人、女性21人の50人。若干、昨年(47人)より多かったです。ただ、欠席者が多かった気がします。もう40年も前のことになるけど、私は、牟岐町での成人式には参加しませんでした。当時、県外にいましたが、そんな形式ばったもんに、わざわざ帰れるかって感じだったと思います。少々、ひねくれてたんやろか。

来賓席が一番前で、近すぎて写真に入りきりませんでした。

代表による意見発表  

2010年の成人式から始まりましたが、これもなかなか良い企画ですね。

 

 

 

 

 

東京の大学で経営学を学んでいる。人との出会いを大事に、海部郡の発展に貢献できるよう頑張りたい。

大阪の大学で学んでいる。徳島に帰り、子どもたちの笑顔と健康を守れる先生になりたい。

辛く、くじけそうな時、家族や牟岐町の人々が心の支えになっている。ありがとう。

大阪の大学で学んでいるが、地元の温かさ、友人の大切さを感じている。

みなさん、しっかりした意見をもって頑張っているようです。こんなの聞くと、将来の日本もそう心配することもないかも知れませんね。

新年 明けましておめでとうございます

 ばーさんと娘は、紅白歌合戦を見て、年越しソバ(カップめん)を食べて新年を迎えたようだが、私は、何時ものように10時頃には寝た。そして何時のように午前5時頃に目を覚まし、何時ものように初日の出の写真を撮りに出かけた。場所も、お気に入りの牟岐町と海陽町の境にある福良海岸。この位置からが出羽島、津島、大島が良い角度で観られるので気に入っている。

 でもでも今年は、天気予報どおり雲が厚くてなかなか初日の出が観られそうにない。結局、7時過ぎまでいたが、お腹が減ってきたので帰ってきた。別に、太陽なんて何時でも観られるし、初日の出にこだわっているわけではないからどうって事は無い。ただ、年初めなので、太陽の上がるのを観ながら、改めて、昨年の反省と今年の目標を決めることにしている。

 昨年は、自分なりには頑張ってきたつもりだが、満足できるようなことは何も無い。清算主義ではいけないと思うが、とにかく満足できることは何も無かった。まあ、満足してしまったら、何の進歩も無くなるから、それでも良いのかな・・・・。

 今年の目標は沢山あるけど、とにかく、何事もやり遂げたという満足感を少しでも味わえるよう努力したいと思っている。

向かって右から出羽島、津島、大島

  もう何年も津島や大島に釣りに行っていない。こんなに近くに住んでいて道具も揃っているのになんでや~  今年は、絶対に釣りに行くぞ~  待ってろよグレちゃんにイシダイ君。

自宅に帰ったが、ばーさんも娘も起きてこない。夜更かししたから眠くて起きられないんだろう。

 7時を過ぎるとお腹が空いてしようがないので、正月を元気に迎えられたことに喜びを感じながら一人でお餅を5個食べた。少し控えたが、正月は、どうしても太ってしまう。

みなさん、今年もよろしくお願い致します。お互い、良い年にしようではありませんか。\(◎o◎)/!