出張で東京に行ってきました

全国町村議会議長会主催、第47回町村議会広報研修会が7月28、29日に東京・シェーンバッハ・サボー(砂防会館)であり、牟岐町議会から事務局を含め6人が参加した。10年ぶりの参加である。牟岐町は、独自の議会広報は出していないが、議会と行政の広報として「広報むぎ」を年に4回、議会の度に発行している。この編集を担っているのが議員で構成する広報編集委員会である。財政上の問題からこのような形になっているようだが、行政は行政で、議会は議会独自の広報というのが本来の姿だろう。

 

全国から約500人が集合

 

 

 

 

28日、牟岐役場午前6時半出発。研修会開始10分前に到着。午後1時から5時まで、大学教授、著作権協会理事長などから広報の企画、編集、著作権問題等についてみっちり研修。なかなかの講義で、文章を書くのが苦手な私だが、聞いているうちに、なんだか書けそうな気がしてきた。29日は、午前9時から12時まで、広報コンサルタント 深沢 徹(ふかさわ とおる)氏による講演。各地の実際の広報を使っての批評、アドバイスであった。

「広報むぎ」も、なかなかの出来だとは思うが、まだまだ改善の余地はありそうだ。さっそく、8月4日には、再度、編集委員会を開催することにした。

久々の東京だったが、私には、やっぱり生まれ育った徳島が良いし、牟岐が良い。あんな忙しげでごちゃごちゃした東京はゴメンだ。夜の7時頃に帰ってきたが、人間らしい人間にやっともどれた気がした。

 

 

 

 

復活

新聞配達の途中、午前5時半頃だろうか、先日の台風で倒れたヒマワリを起こしているご婦人2人の姿を見かけた。配達が終わってからカメラを持って行ってみると、人数も10人ほどに増えていて、1本1本丁寧に起こしていた。中村婦人会の方々である。「おはようございます」「写真を撮らしてもらいます」って挨拶をすると、虫除け、日焼け防止の完全武装をしていて良く分からなかったけど、何時もお世話になっている散髪屋のOさん、元看護師のOさんの姿も。

ヒマワリの花は一方方向に向いているものだけど、今回は仕方がない。立ち上がっているだけで上等だ。そのうち元気になって右に向きたければ右を向けば良いし、左に向きたければそうすれば良い。たまには、そんなこともあって良いよね。

毎年、ヒマワリの写真を撮らせていただいているが、お世話をしてくださっている方々に改めて感謝、感謝です。

お見舞い申し上げます

 朝、6時から1時間ほど町内を回って被害状況を調査してきました。相変わらず海は大荒れ。雨もかなり降ったけれど洪水等の被害は無かったようです。ただ、港内には何時ものことですが、上流から大量のゴミが流れ込んできており、片づけが大変だと思います。また、稲の倒伏は大丈夫だったようですが、強風でもみくちゃにされており、今後、病気が多発する可能性はあります。

調査途中で、役場の職員二組に会いました。被害調査で回っているのでしょう。ご苦労様です。

雰囲気的には、台風は過ぎ去ったという感じですが、未だに大雨警報が解除されてないようで、先ほど、防災無線から「小、中学生は自宅待機してください」との放送がありました。

 

 

 

 

稲もオクラも風でもみくちゃにされ傷だらけなので、今後、病気が多発する可能性が

 

 

 

 

中村婦人会の方々が、お世話してくださっていたヒマワリ畑が全滅です。早朝から種まき、除草など頑張っていただいてたのに本当に残念です。

 

台風が近づいています

 ここ数日、海が大荒れになり、我家からでも波の押し寄せる「ゴー」って音が聞こえる。雨は、降ったり止んだり、たまに強くなる。風もだんだん強くなってきた。息子達、早く帰って正解だった。今日の夕方では、おそらく飛行機は飛ばないだろう。

こんな中、しんぶん「赤旗」日刊紙の配達当番だった。何時もはバイクで配達するのだが、新聞が濡れては困るので、車での配達にした。一時間コースだが、被害がないかあちこち見ながら走ってきた。今のところ、大きな被害はないようだが、シャッターが壊れているお宅があった。

 

 

 

海は大荒れ

牟岐川も押し寄せる潮で逆流

漁船は、しっかりロープで固定  しばらく漁には出られません

 

 

 

 

西の浜 沖の堤防でこの程度の波で済んでいます 

 

 

 

今のところ被害がないように見えるが、強風で倒伏するかもしれないし、穂が出たばかりなので、受粉がうまくいかないかもしれない

 

 

内妻海岸  大波が押し寄せている   うっすら見えるのが出羽島

今晩あたり高知に上陸するとか  速度が遅いだけに被害が心配だ

初孫とご対面です

 連休を利用して、埼玉で暮らす次男夫婦が初孫のなっちゃんを連れて数年ぶりに帰ってきた。なっちゃんとは初対面。帰ってくるのが分かってから何て声をかけようかなどと、ニヤニヤしながら何時も考えていた。昨年の6月14日が誕生日だから、1歳と1ヶ月。おそらく人見知りするだろうから、いきなり近づいたりしたら、泣くだろうな。どうやって声をかけようか。

 会議から帰ってきたら、すでに息子夫婦は帰っていた。ドアを少し開けて「なっちゃん~」って声をかけたら、誰だろって顔をしながらジーっとこちらを見つめている。不安そうな顔になって今にも泣きそうな顔になった。一旦ドアを閉める。少し時間をおいて同じ事をやってみる。4回ほど同じ事を繰り返してから、眼を合わさないように、少し離れたところに黙って座る。知らんふりして息子達と近況などについて話をする。なっちゃんも最初は警戒していたが、その内こちらを気にしながらも、うろうろし始める。 

作戦成功。ばーさんは、顔を合わすなり大泣きされたそうだが、私は一度も泣かれることなく仲良しになった。膝の上に乗ってきたので、思わずバンザイをしてしまった。

まだ歩けないが、時間をかけてやっと立ち上がった。みんなが「スゴイ」って声をかけながら拍手をしていたら、本人も嬉しいのかニタッと笑いながら自分でもパチパチ拍手をするようになった。

 

 

息子達は、19日までの予定だったが、台風接近により予定を早め、明日帰ることになった。せっかく、なっちゃんと仲良くなれたのに残念だが仕方がない。来年は、もっと可愛くなったなっちゃんに会えるかな。

今年もラジコンヘリによる防除が

昨年同様、出穂前の薬剤散布がラジコンヘリにより行われました。3種混合(いもち、紋枯れ、殺虫剤)を地上3~4メートルの高さからプロペラの吹き降ろし風を利用し散布するもので、10a当たり費用は、4,127円、散布時間は、あっという間、ほんの数分で終わりです。

以前は、農家個々が、散粉器、動噴器などを使って防除していましたが、労力不足、防除効率などから、ラジコンヘリによる一斉防除に参加する農家が多くなってきました。穂揃い頃に2回目の防除が行われます。2回目は、殺虫剤のみの散布で費用は、3,644円になります。