チョコが旅立ちました

娘が可愛がっていたチョコが30日、午後4時45分、14歳で旅立ってしまいました。近所でもらってきた雑種クーニャンの子で、一度はもらわれて行っていたのですが、訳ありで返され、わが家で飼って来ました。歳のせいか、今年の夏あたりから散歩をするのを嫌がるようになり、耳も余り聞こえないようでした。数日前より食事をしなくなり、いよいよかと心の準備はしていましたが、亡くなってしまうと本当に寂しいものです。特に可愛がっていた娘のショックは大きいようで元気がありません。子犬の時から世話をしてきたし、精神的にまいっていた時にチョコには随分助けてもらいましたのでね・・・・。

在りし日のチョコ

町有林の視察に行ってきました

森林組合の職員さんに案内してもらい旧宍喰町の奥(冷谷)にある町有林の視察に議員6名、職員2名で行って来ました。先輩議員の話によると、17年ほど前に行ったきり、それ以降行っていないようです。17年前は、牟岐中学校建設に使った木の切り株に腰を掛け、新たに植えられた苗木を観た記憶があるそうです。

坂本からモノレールで上がります。10名が2台に分乗しエンジン音を響かせながらゆっくり上がって行きます。45度くらいの急な上り坂もありますが、なんのその、コトコト余裕で上がって行きます。17年前もモノレールで上がったそうですが、雨ざらしにもかかわらず今回も順調に動きました。

終点まで約50分。標高600数10m。心なしか寒く感じました。終点からしばらく歩き見晴らしの良いところで森林組合の職員さんから説明を聞かせていただきました。

木を売っても安いし、新たに苗木を植ても伐採までには多額の経費がかかります。人が去り、放置されれば山が荒れてしまいます。そして、それがさまざまな自然災害へとつながって行きます。

伐採期の2089年頃はどのような時代になっているだろうか・・・。山の値打ちが正当に評価されるような時代になっていれば良いのにと思いながら山をあとにしました。

作品展が

13日夜、太極拳の練習に総合センターに行ったところ玄関ロビーにおいて「近畿牟岐会 第4回作品展」が開催されていた。どれもこれも個性があり素晴らしいとしか言いようのない作品ばかりでした。

作品展に行って何時も思うのは、「自分って、人さまを感動させるものを何ももってないな~」ってこと。何をやっても中途半端。ばたばた忙しいばかりで、何かに集中して取り組もうなんて気にもなれない。ただ、好奇心だけは旺盛で何でも関心を持ち挑戦したくなる。今のうちに何とかしないとと思うけど何時のことになるやら・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fさんが旅立ってしまいました

 

 

 

 

 

40年来の友人であり同志であるFさんが、63歳で逝ってしまった。病状が悪化し、病院の近くに住所を移し通院していると聞いていたので、一度見舞いに行こうと思いながらとうとう行かずじまいになってしまったことが悔やまれる。

Fさんは、子どもの頃から持病で入退院を繰り返してきた。病気のせいだろうと思うが、何時もけだるい感じで、笑ってもニヤッとするだけで大声で笑ったのをあまりみた事がなかった。

私の知っている彼は、自らの病気の体験からか他人に優しく、心が純真で芯の強い人だった。彼から愚痴や他人の悪口を聞いたことがない。

20代の頃、わが家で、彼と阿南市のTさんの3人で晩くまで酒を酌み交わし雑魚寝したこと。福祉施設に勤めていた彼に、現場の厳しい状況を教えてもらったこと。一般質問を準備するにあたり、アドバイスしてもらったこと等々、彼との思い出は尽きないが、もう会うことが出来なくなってしまった。彼の志を胸に、彼の分まで頑張るしかないだろう。

野菜がタップリ

バーさんが朝起きてこなくなり、私が朝食をつくるようになってからもう何年になるだろうか。午前7時の朝食にあわせて毎朝、朝食づくりに励んでいる。自分と家族の健康がかかっているので、私なりにいろいろ気を使ってつくっている。特に、みそ汁は薄味にし、なるべく野菜を多く摂れるよう工夫している。

10月10日、私の朝食

手作り納豆に小魚、オクラをご飯の上に。みそ汁の具は、オクラ、さつまいも、椎茸、しめじ、まざき菜、キャベツで野菜タップリ。それに、まざき菜に削り節をかけたもの。小魚、しめじ、削り節、味噌以外は、自家製かご近所、友人から頂いたもの。

まざき菜が好評で、味にうるさい娘も「こりゃ~なかなか美味しいね」って、ドレッシングをかけたり削り節をかけて毎食美味しそうに食べている。そのうちダイエットの効果がでてくるかな。

ダイコン、白菜、タアサイなどのまざき菜

 

 

 

 

朝食というと、今年4月にあった牟岐小学校入学式での教育委員会の挨拶を思い出してしまう。「朝ごはんを食べてきてください」って言うものだった。朝ごはんを食べないで勉強や運動が出来る筈がないと思うけど、全国的には、そんな子が増えてきているし、本町にもいるようである。

おそらく親の労働形態、生活習慣などが影響していると思うけど、なんとか工夫して、子どもだけは「早寝、早起き、朝ごはん」の習慣づけをしたいものだ。

野菜の発芽が始まりました

9月の中頃だっただろうか、昼食時、娘が、「うちの食卓には野菜が全然ないな~」って、いかにも自分のダイエットが進まないのがそのせいだと言いたげにボソッとつぶやいた。なるほど、その日の昼食には野菜が全然なかった。確かに朝食には、野菜タップリのみそ汁を毎日つくっているけど、昼食はありあわせのもので済ませることが多い。

それならばと言うことで、空いてる田んぼにインゲン、ホウレン草、白菜、大根など10種類ほどの野菜の種を9月26日一気に播いた。もっと早く播きたかったが、今年は雨が多く作業が遅れてしまった。

それも、ボツボツ発芽が始まるかな~って時に台風の襲来。全滅かもと心配したが、今朝行って見たら以外に元気そうに芽を出し始めていた。順調に生育すれば、あと10日もすれば間引き菜が食卓に並ぶことになるだろうし、年末には娘のダイエットにも効果があらわれてくるかも・・・・・。 おそらく、あれだけお菓子をポリポリ食べていたら無理だと思うけどね。

台風の傷跡

台風が来ているというのに静かだな~って思っていたら、午後1時過ぎから猛烈な風が吹き出しました。

雨は大したことなかったけれど、風が凄かったので、たまらず雨戸を閉め切りました。2時間ほどの風雨だったけれど、静かになってからあちこち車で見回ってみましたが、折れた木の枝が道路に散らばっていたり、看板が倒れている程度で大きな被害はなかったようでした。全国的にはケガをしたり亡くなった方もおいでるようです。被害を受けられた方々にお見舞いを申し上げます。

我が家の近所でこんなことが。タブと杉の大木が倒れていました。

 

 

 

わが家の柿の木が哀れな状態に。葉っぱや実がほとんどちぎれて無くなってしまいました。サルにやられ、台風にやられで、今年は柿が食べられないかもしれません。