あんどん展が

牟岐町観光物産館「千年サンゴの里」で多富正男さん、大谷完治さんの創作あんどん展が開かれているというので見学に出かけました。ご両人とも良く知っている方たちで、大谷完治さんは、元町議の大谷達也さんの弟さんです。ご両人ともこんな趣味があったというのは初耳でしたので興味がありました。

さすが、長年の仕事で培ってきた技術とセンスが生かされていますね。基本が出来ているからこんな素晴らしい作品を創り出すことが出来るのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて写真でみると自分では分からなかったけど、疲れているのが良く分かりますね。覇気がないですもの。この日、午前4時半に起きて、半日、炎天下を歩き回ったからね。あ~あ 年には勝てないですね。

24時間テレビ  バーさんの親戚が

夕方、テレビを見ていたバーさんが、「はよう来てみ~」って大声で叫ぶので行ってみると、「24時間テレビ」をやっていて、シンガー・ソングライターの皆谷尚美さんが歌っていた。彼女は、バーさんのいとこの子にあたるのである。私は、会ったこともないが、バーさんは、彼女がテレビに出演する度に、妹と連絡を取り合って見ているようである。この日も、母の妹から「いま、テレビに出ているよ~」って電話があった。

バーさんの兄妹は、5人とも歌が好きで、結構上手なので「遺伝やろか」って言ったらニャって笑ってた。私には遺伝しなかったようだ。

災害に負けるな子供達!! チャリティー大会 IN 牟岐町

全国哥麿会(うたまろかい) 四国支部主催のチャリティー大会が牟岐小学校で開催されました。哥麿会というのは聞きなれない名前ですが、トラック愛好者の親睦団体のようで、全国に会員がおいでるようです。常日頃は縁のない団体ですが、救援物資、募金を募りたいということでしたので、少しの時間ですが参加させて頂きました。

震災から1年半、東北の復興はこれからだから、まだまだ全国からの支援が必要ですね。立場の違いをこえてこんな運動が大きくなれば良いな。

ビワの木にゴーヤが

ビワの木にゴーヤ(にがうり)が付く筈がないですよね。ゴーヤを栽培するには、かなり広い面積がいるので、ビワの木を支柱代わりに使ってみました。

ゴーヤを栽培して実が付かなくて失敗したという話を良く聞きます。たいていは、密植し過ぎです。密植すると「緑のカーテン」としては良いのですが、実を付けなくなるか、実が小さくなってしまいます。光を十分に当ててあげれば、1本植えておけば、数人の家族であればひと夏中、嫌になるほどゴーヤを食べられる筈です。

稲刈りが終りました

やっと稲刈りが終りました。16aの稲刈りを朝の9時半から始め、モミを乾燥機に入れ終わったのが午後の3時でした。暑かったし、病み上がりだったので大変な5時間半になりました。

嬉しかったのは、昼頃、フラフラになりながらモミを軽トラに積んでいた時、たまたま通りかかったTさんが、わざわざ乗用車から下りてきて手伝ってくれたこと。また、収穫を終えて帰ろうとした時、モミを積んだ軽トラのタイヤが空回りして動かなくなり、たまたま通りかかったKさん親子が押してくれたこと。そして、コンバインを引き上げに徒歩で田んぼに向かっていた時、たまたま通りかかり軽トラで送ってくれた農業委員のTさん。今日は、いろんな人に助けてもらいました。しんどかったけど感謝、感謝の一日でした。それに、おんぼろコンバインも良く頑張ってくれました。

生まれ変わりました

10年以上も前に農業委員に支給されたカバンの修理に挑戦しました。縫い目が解けてしまって使っていなかったものですが、A4程度の書類を入れるには丁度良い大きさなので何とか使えるようにならないかと初めての経験ですが修理に挑戦してみました。

 

修理完了

これでまだまだ使えそうです

 

 

 

 

 

 

 

ついでにこんなことも。痛んだところにシールを。 チョッとは見栄えも良くなったかもしれません(??)。 ああ~ やってもた  やっぱりセンスがなかったようです。

カシメの道具は量販店、金物店などで販売しています。安価だし、使い道はいろいろ。一度挑戦してみてはいかがですか。金具で挟んで金槌でカッチンとやれば出来上がりです。

稲刈りが始まっています

4日(土)あたりから、私の住む地域でも稲刈りが始まりました。極早生品種の「ハナエチゼン」という品種の稲です。今年の作柄は、天候にも恵まれまあまあの出来のようです。

この時期、台風がやってきたり、にわか雨が降ったりするので、農家にとっては精神的にも肉体的にも大変な時期になります。稲が雨で濡れれば稲刈りは出来ないし、だからといって収穫を何時までも延ばすことは出来ないしで、ハラハラ、イライラが続くことになります。また、稲が倒伏すれば手間が何倍もかかることになります。おまけに高齢化は進んでいるし暑い時期ですからね。ただ、稲刈り中に熱中症という話はあまり聞きませんね。普段、外で働く機会が多いから、身体が暑さに慣れているのかもしれませんね。

周りがどんどん稲刈りが終っているのに、わが家の稲刈りは、まだ少し時間がかかりそうです。品種が「キヌヒカリ」だし、今年は窒素肥料を多めにしたこともあって、収穫時期が少し遅くなりそうです。欲張るとこんなことになってしまうんですよね。台風の来ないうちに早く終わりたいんだけど、こればかりはどうしようもないです・・・。ただただ時間の過ぎるのを待つばかりです。

お隣の田んぼは収穫適期。わが家のは、窒素肥料が切れなくて葉っぱが青々。普通はこの時期になれば、葉っぱの色はさめてくるもんですけどね。まあ、ギックリ腰もまだ治らないし、遅くなって良かったかもしれません。