当選できました

24日、夜の10時半頃だっただろうか、当選の一報が入った。定数が2削減され、8議席を争う大激戦だった。現職2名が落選し、新人2名が当選した。私は、364票、5位で当選させていただくことができた。最下位にでも当選させていただいたらと思っていたので、嬉しい結果だ。

今回の選挙で特徴的なことの一つに、有権者から「お願いします」と、声をかけていただく事が多かったことがある。選挙戦は、心身ともに疲れるが、この言葉が最後まで励みになった。

ばーさんを中心にバンザイの写真を撮った。79歳と高齢だが、足の痛みに耐えながら最後まで食事の準備等で頑張ってくれた。

 街頭からの訴え。この選挙中、5分程度の訴えを100回ほどさせていただいた。他の候補者の多くは、名前を連呼しながら宣伝カーを走らせるだけなので目立ったかもしれない。

 

広告

タヌキが住みついたかな

タヌキが、我家の庭をうろつくことが多くなりました。人に慣れているのか、近づいてもなかなか逃げません。チビちゃんが吠えるので、お客さんかと思い外に出てみると、タヌキが堂々と庭を歩いています。近づいても逃げないので、カメラを持って来て撮りました。

距離5m

距離3m

少し逃げましたが、距離1,5mまで近づけました。   まだ若いタヌキのようです。

原発誘致反対のリーダーに会ってきました

福島原発の事故のことが連日報道されている。一昨日だったか、テレビを観ていたら飼い主に放置され、やせ細った馬が映っていた。それまで大事に育てていただろうに、放置して避難をせざるを得なかった飼い主さんの気持ちを考えると、本当に辛くなってしまう。学生時代の友人からは、同期生が牛乳の出荷が出来なく困っているとの話も聞こえてきた。

眼には見えないけど、原発事故の怖さを改めて感じさせられる日々が続いている。

それにしても、近くに原発がなくて良かった。いったん事故が起こると、大変なことになる。そんなことを考えていたら、もうかなり前になるが、原発反対運動の先頭にたって頑張ったSさんに無性に会いたくなって、お話を伺って来た。Sさんは、もうかなりの歳になったが、現在も海陽町浅川に住み、漁師現役の方である。

44年前になるが、現海陽町のあじろ崎に四国電力の原発誘致の話がもちあがった。それに対し、漁師を中心に大きな反対運動が起こり、その先頭に立って頑張ったのがS氏である。S氏によると、浅川で反対の決起集会、海上パレードなどもやったそうだ。少し分かりにくいが、船に「原発反対」の文字が見える。Sさんの船だ。貴重な一枚がアルバムに残っていた。

その後、愛媛県の伊方に誘致運動が起こり、伊方原発が造られてしまった。

少しは遠くなったが、安心していられないのだ。施設の老朽化、それに巨大活断層「中央構造線」も近くにある。もう、「想定外」などという言い訳は通用しないぞ。

田植えが始まりました

内妻地区で田植えが始まりました。

 今年は、雨が少なく、田植えの準備が大幅に遅れている所もあります。

苗は、大きくなっても田んぼの準備が出来ないと、どうしようもありません。

内妻川もカラカラになっています。田植えの時期になると、雨も降るものだけど、今年は、どうしたんだろう。昨日から、今朝にかけて雨が降ったけど、十分な雨量ではありませんでした。田植えはしたけど、あと水がないでは困ってしまいます。牟岐川もカラカラです。

タラの芽が食べごろです

散歩コースで見つけていたタラの芽が、少しずつ大きくなり、食べごろになったので採ってきました。何時もだと、半日ほどかけて採りに行くのですが、今年は時間がないのでこれで辛抱するしかないです。天ぷらにして食べるのが一番だと思いますが、蒸して食べるのも美味しいです。ほんの少しだから、味わって食べなきゃ。