東京都知事候補の一本化?

細川氏は、「脱原発」だから、宇都宮さんには立候補を止めてもらって細川氏に一本化しようなんてことを一部「脱原発」運動団体が決めたとか。たしかに、「脱原発」は、今度の選挙の大きな争点であることは間違いないが、決してそれだけではありません。ましてや、小泉氏や細川氏の「脱原発」なんて、今までの言動からそんなこと信じる方がおかしいと思いますけどね。思い出してくださいよ、あの勇ましい大阪市長の橋下氏が、「脱原発」って主張していたけど、大飯原発の再稼働をあっさり認めたじゃないですか。そのうち「脱原発」も、私の思う「脱原発」は・・・なんて言い出すと思いますよ。

映画作家の想田さんが、「一本化」論議に意見を述べられています。是非、お読みください。

2014年1月22日up

映画作家・想田和弘の観察する日々

第12回 脱原発派候補「一本化」論議に思うこと

『選挙』『精神』などの「観察映画シリーズ」で知られる映画作家、 想田和弘さんによるコラム連載です。 ニューヨーク在住の想田さんが日々「観察」する、 社会のこと、日本のこと、そして映画や芸術のこと…。 月1回の連載でお届けします。

第12回

脱原発派候補「一本化」論議に思うこと

都知事選に細川護煕元首相が「脱原発」を争点に立候補し、小泉純一郎元首相が支援を表明しました。

すると、脱原発派の方々からは「脱原発候補を一本化するために、宇都宮健児氏は立候補を取り下げるべきだ」という意見が多数出てきました。

たしかに、脱原発を目指す立場からいえば、票が割れるのは好ましくありません。僕も脱原発を心から望む人間ですから、候補者同士で意見の摺り合わせができるなら、一本化されるのが理想だと思います。

しかし、です。一本化を主張している方々に、僕は敢えて問いたいのです。

「みなさんは、超能力者なのですか?」と。

僕はこの原稿を1月20日に書いています。告示日の3日前です。しかし依然として、細川・小泉連合の「脱原発」が何を意味するのか、その政策の具体像は分かりません。政策の準備が間に合わず、2度も立候補会見が遅れたからです。

つまり、現時点では細川氏の「脱原発」が本気なのかどうか、細川氏とその側近以外、誰にも分からないはずです。再稼働を容認するのかどうかも判然としません (「電話で細川氏が再稼働を容認しないことを確約した」という方もおられますが、なぜそれを細川氏が公言されないのかは謎です) 。

細川氏の本気度が分からないのに「一本化」を主張されるのは、いったいどういうことなのでしょうか?

舛添要一候補は、去年の12月にラジオで「もんじゅは継続すべき」と発言をしていたにもかかわらず、立候補会見で取ってつけたように「私もずっと脱原発です」と言いました。もし細川氏の「脱原発」が、彼と同レベルの一貫性に欠くものだったら、どうするのでしょうか?

思い出してください。「脱原発」を盛んにアピールしていた橋下徹大阪市長は、土壇場であっさりと大飯原発の再稼働を認めてしまいました。その後の彼は脱原発について、ほとんど口にもしなくなりました。もし細川・小泉連合の「脱原発」が、彼と同レベルのお粗末なものだったら、どうするのでしょうか?

しかも、細川氏は佐川急便事件というかなり大きな爆弾を抱えています。彼が本気で「脱原発」に取り組み、原発に利権を持つ勢力と闘うことになったら、必ず突かれてくるであろう泣き所があるのです(もし僕が原発ムラの人間だったら、細川氏の弱点をネチネチいたぶる作戦を採ると思います)。つまり、たとえ細川氏が当選したとしても、自らの弱点を庇うために「脱原発」政策を一向に進めることができないという状況になることも、充分に考えられるのです。この点についての細川氏の見解も、依然として示されていません。

「脱原発」以外の政策についても、「分からないこと」ばかりです。

言うまでもなく、都知事選で争点になるべき政策課題は、福祉、貧困問題、災害対策、築地市場移転問題、オリンピックなど、多岐にわたります。ところが細川氏は、現時点で「脱原発」以外の政策については一切公にしていません。秘密保護法や集団的自衛権やTPPへのスタンスも分かりません(保護法や集団的自衛権やTPPに批判的だとの報道もありますが、細川氏本人が正式に反対を表明したわけではありません)。したがって、私たちがとても賛同できないような政策を掲げる可能性だってあるはずです(もちろん、そうでない可能性もあります)。つまり、これも現時点では分かりません。分からないのに、「一本化」を主張されるのは、いったいどういうことなのでしょうか?

嫌らしいようですけど、改めて問いたいのです。

「みなさんは、超能力者なのですか?」と。

もちろん、超能力者である可能性は低いでしょう。では、なぜ「一本化」を主張されるのか?

変な言い方ですけど、みなさんは、恋をしているのではないですか。

「脱原発派の東京知事誕生」というイメージに対して。

たしかにそれは私たち脱原発派をワクワクさせます。魅力的です。思わずすべてを投げうって、飛びつきたくなります。それが「恋」というものです。

でも、みなさんは肝心要の、「細川護煕+小泉純一郎」という恋の相手をよく知っているといえるのでしょうか?いや、もしかしたら、かつて恋して、がっかりさせられた相手だったのではないですか?

この問題は、実は「選挙とはどうあるべきか」という問題とも深く関わっているように思います。なぜなら、一本化を主張する方々の多くは、こうも口を揃えるからです。

「政策的には宇都宮さんが一番しっかりしてるし、人物も信頼できる。だけど、今回の選挙はどうしても勝たなくてはならない。そのためには悪魔と手を結ぶことも必要だ」

政策も人物も宇都宮さんが一番なのに、なぜ、細川・小泉連合に一本化せよというのか。その理由は、ひとつしか考えられません。

知名度、です。世間的な人気、です。

しかし、ちょっと冷静に思い出してみてください。

私たちは、選挙があるたびに、「知名度」だけを武器にしたタレント候補が乱立し、当選していく様子を、砂を噛むような思いで眺めてきたのではなかったでしょうか?「これでは民主主義が形骸化する。選挙は人気投票ではない。政策本位で候補者を選ぶべきだ」と訴えてきたのではなかったでしょうか? そういう原則論は、今回だけは、「なし」なのでしょうか?

「なし」だとすれば、それはなぜ? 今回は(いつもと違って)脱原発を訴える(ようにみえる)人気者に勝てる見込みがあるから、でしょうか?

もしかしたら、僕の考えのおよびのつかない理由があるのかもしれません。

いずれにせよ、僕は脱原発運動は(残念ながら)長く果てしない闘いになるのではないかと覚悟しています。なにしろ、原発は日本という国家の中枢――政・官・学・産・マスコミ――を中毒させてきたドラッグのようなものだからです。ドラッグをやめようとすれば、禁断症状で悲鳴をあげる人々があまりにも多いわけで、だからこそなかなかやめられない。私たちは、そういう大きな問題と闘っているのです。

「対症療法」に安易に飛びつくのではなく、本格的に足腰を鍛え、体質を改善し、「根本治療」の道を地道に進んでいくことが必要なのではないでしょうか。

TPP参加に反対し食を守る決起集会に参加しました

かいふ農協の借り上げたマイクロバスに便をもらい、午後2時からの集会に参加しました。海部郡からは、農協の組合長、役員、職員、役場職員など20人ほどが参加しました。私は、農業委員の立場で参加しました。

昨日は、東京の両国国技館で6000人規模の集会が開かれましたが、本日は、県下から漁連、酪連、信連、JA、農業会議などの団体に属する方々約800名が結集し、熱気ある集会になりました。

ひたすら財界とアメリカの使い走りをする野田内閣。いまでも、田舎の自治体は、高齢化の進行、農林漁業、地場産業の不振で大変な状況になっているのに、さらに追い討ちをかける結果になるのがTPP参加です。いまこそ思想信条、立場の違いを超え、参加反対の一致点で団結し、力を合わせなければならないときですね。

民主党PT総会では、①情報を公開し、国民的な議論をおこなう。②参加表明は時期尚早だという意見が多かった。③APECでの態度表明は慎重に。ということで党の提言として総理に伝えるようですが、野田総理は、10日にも参加表明をするらしい??? これって、どういうこと???

自民党の政治も悪かったけど、民主党もそれ以上やね。政治の主人公は、財界やアメリカではなくて、国民だということを忘れてもらったら困りますね。

司会者から、民医連、生協からの連帯のメッセージが紹介されました。他団体との連携がひろがっているようです。

牟岐町農業委員会がTPP参加検討撤回を求める要請書を提出

昨年12月の牟岐町農業委員会でTPP参加検討撤回を求める決議を採択したが、事務局から政府に提出したとの通知が届いた。

それにしても菅総理、年明けのテレビ放送で「TPP参加」、「消費税増税」に政治生命をかけるとか。

何でそんなことに頑張らないといけないかな~他に頑張らなければならないことがあるだろうに。

普天間基地の辺野古への移転にしても、沖縄の意志は固く、実現不可能なのに、アメリカの機嫌を伺いながら、アメとムチでいろいろ工作をしているようだ。財界とアメリカのご機嫌を伺いながらの政治は、自公政権が長年続けてきた政治と同じ。この間の国会では、自公の議員が、政府を激しく責め立てていたが、良く聞いてみると政策論争ではなく、「遅い」とか、「はっきりしろ」とか、結局、政策的には違いがないものだから、口汚く罵るしかなかったのだろう。

また、日本の大新聞が、こぞって「TPP参加」「消費税増税」を賛美するかのような報道姿勢は異常ではないのか。少し前は、「改革、改革」と小泉ブームをつくりだしたし、この頃では、「自民か民主か」と、世論を誘導する。過去の大政翼賛会を見ているような気がする。

憲法には、「主権在民」と記されている。政府は、国民のために政治をしなければならない筈だ。「主権アメリカ・財界」では困るのだ。

ビラ配布 逆転無罪判決が

 

3月30日付「赤旗」日刊紙が、 元社会保険庁職員、堀越明男さんの逆転無罪判決を報道しています

公務員が、休日に職場から離れた自宅近くで、「赤旗」号外などを郵便受けに投函しただけで、逮捕され有罪判決。 警視庁公安部は、のべ171人もの警官を動員し、1ヶ月間にわたって掘越さんを尾行・監視、ビデオ撮影をしました。 私生活の盗撮も含めビデオテープは33本。そして、日本共産党東京、千代田地区委員会を家宅捜索。

2003年11月のことでしたが、日本の国で、こんなことが実際に行われているなんて想像できない人が多いのではないでしょうか。半世紀以上も前にタイムスリップしたみたいですよね。警察って、こんなことするほど暇なんでしょうか。未解決事件が沢山あるって言うのにね。

29日、東京高裁は、公務員の政治活動禁止は合憲としながらも、行政の中立的運営、行政に対する国民の信頼確保を侵害していない。公務員の政治活動の自由に限度を越えた制限を加え、表現の自由を保障する憲法21条に違反する。として、逆転無罪を言い渡しました。

当然といえば、当然の判決だと思うけど、検察は上告するんだろうな。戦いは、まだまだ続きそうです。

あきれた民主党政権

 

 もう40年ほど前になるだろうか、復帰前の沖縄で1ヶ月ほど過ごしたことがある。ほとんどは、石垣島の農家でサトウキビを植えたり、パイナップルを収穫したりしていたのであるが、農家を後にしてからは、沖縄本島をほぼ一周した。貨幣はドルが使われていたし、車は右側を走っていたので、外国に来たようだった。もちろんパスポートも必要だった。軍用車が多かったし、嘉手納基地の大きさには驚かされた。伊江島では、戦闘機の爆音が酷く、豚が太らないと農家の方が嘆いていた。平日なのに子どもたちが遊んでいたので理由を聞くと、毒ガス移送があるので、学校は休みだと言う。船が見える海岸で休んでいたら、警官に職務質問され、荷物を調べられた。毒ガスを運ぶ船が港に停泊していたのだ。

 今、沖縄は島ぐるみで怒りが沸騰している。民主党を中心とする新しい政権が、普天間基地の県内移設を強行しようとしているからだ。「最低でも県内移設はしない」 これが鳩山政権の公約ではなかったのか。 自民党とは、根本政策では同じだと最初から思っていたが、ここまで来ると、もう情けないと言うほかない。選挙詐欺と言われて当然だ。

 アメリカの「抑止力」が必要だと、自民党などと同じことを言う。この「抑止力」という言葉で、沖縄の人たちが、どれだけ苦しめられてきたことか。また、沖縄の基地から出撃したアメリカ軍によってベトナム、イラクなどで、どれだけの人たちが殺されたことか・・・

 もういい加減、子分のようにアメリカについていくのは止めにしようよ。アメリカから怒られたからって、シュンとなったら困るんだよ。憲法九条をもつ国の政府ではないか。「基地は持って帰ってくれ」の一言が何故言えない。

 

沖縄では、4月25日、超党派で県内移設反対を目指す10万人県民大会が開催されます

しんぶん「赤旗」日曜版3月28日付では、名護市長、嘉手納町長、宜野湾市長、うるま市長などの談話を紹介しています

今の事態を前向きに解決するためには、日本共産党が大きく強くなるほかない

今日(3月26日)、雨で延期していたポスターはりを一気にやった

「政治を前へ」は、今の情勢にピッタリだ

 

いや~ 驚きました 松坂隧道

 

私の自宅から車でほんの数分の所にあるトンネルが、コンクリートづくりでは国内最古であると、4月5日付け徳島新聞が報道しました

海陽町方面に出かけるときは、何時もこのトンネルを通っているからビックリです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の松阪隧道(西側入口より) 長さ88m 高さ4m  幅5,2m

1921(大正10)年7月に完成というから、約88年前につくられたということになりますね

                      

 

少し傾いていますが、入口右側に記念碑が立っています

新聞報道されるまでは、全然気になりませんでした

良く見ると、施行業者の代表者名が刻まれています

 

 

 

 

                                    東側入口より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                松坂隧道と刻まれています          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         トンネルの内部

 

ひび割れが随所に見られ、水が滲みだしています。でも、まだまだしっかりしているように見えます

型枠の後がくっきり

88年も前のことだから、大変な工事だったでしょうね

 

 

 

西側入口には「道通天地」と刻まれています

実は私、笑わないでくださいね

左から「地天通道」と読んでいました

 

 

だから、西側入口には「地天通道」、東側入口には「松坂隧道」って書いてあるから、同じトンネルなのに何で呼び方が違うのかと、このトンネルを通るたびに考えていたんです。この、「道通天地」ってどのような意味があるんでしょうね。辞書には載っていないんだけどな・・・・

日亜化学の偽装請負 立ち上がる若者たち

 

 

 厚生労働省の発表によると、非正規労働者の解雇・雇止めで、来年3月までに職を失う非正規労働者が8万5千人に達するそうです。ホントにひどいよね。劣悪な労働条件で働かせて、いらなくなったらゴミのように捨ててしまう。こんな世の中、絶対に許したらアカンよね

 そんななか、日亜化学の偽装請負を告発し、直接雇用を求めたたかっている青年の一人、山下 奈津子さんの近況が、しんぶん「赤旗」日刊紙12月28日付に紹介されています。

 しんぶん「赤旗」日刊紙を購読されていない方もおいでますので、記事のなかから一部紹介させていただきます。

 ・・・この間、埼玉とか全国のいろいろの所から、激励の手紙をたくさんいただいています。返事を書いてて思うんですが、新聞やテレビを見て、「頑張れ」って思うことがあっても、なかなか手紙を出すことってないじゃないですか。

 でも、手紙を送ってくれたり、カンパをいっしょに入れてくれたりします。そんなん、なかなかできんことですよね。

 お手紙をくれる方は、おとうさん、おかあさん世代の人が多いんやけど、「自分の娘を見ているようです」とか「わずかな年金ですので、あまりありませんが」って書いてあったりします。こんなん見たら、もう、すみませんって思ってしまう。返事はパソコン教室や組合活動の合間に書いていますが、実は、まだ書けてないのがあるんですよ。早く書かんといかんのですけど、体を壊しとるし、学校もあって・・・。

 でも、手紙をもらえるのは、本当にうれしいです。

 今年は、ほんまにいろんなことがあったけど、これからも出会いを大切にしながらやっていけたらいいな。まずは体調を万全にします。

 

9月いっぱいで雇止めの通告をされたと聞いていたので、その後、どうしているのか気になっていましたが、元気で頑張っているようで一安心です。はやく風邪をなおして、来年こそは良い年にしたいですね。