「脱炭素社会への持続可能なエネルギー転換を考える」学習会

みなさん おはようございます。24日午前7時現在、晴れで気温は4℃。湿度は76%。昨日の最高温度は17℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰ってきたところです。さむ~

昨日、予定されていた会議が中止になったので、急遽、徳島市で開催された「脱炭素社会への持続可能なエネルギー転換を考える」学習会にマイカーちゃんと一緒に出席しました。講師は、公益社団法人WWWジャパンの市川 大悟さん。

印象に残っているのは

①IPCCが、地球温暖化の原因は、人類であると断定していること。

②北極の海氷面積が40%減少している。

③海面上昇が始まっていて、現在までで20cm上昇。

④海洋表層部で酸素濃度が下がっている。⑤生物にも影響を与えていて、絶滅危惧種が増えている。

⑥温対法(地球温暖化対策の推進に関する法律)があり、地方自治体の責務も定めていること。

とにかく、このままでは、人類を含めた生物が、地球に住めなくなります。地球温暖化対策を急がないといけませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中