ご注意ください

みなさん おはようございます。9日午前7時現在、雨で気温は22℃。「赤旗」日刊紙と日曜版の配達を終えて帰ってきたところです。気分は(ー_ー)!!

夕べから大雨。今のところ目立った被害はありませんが、今後も降り続くようなので山崩れや川の氾濫など引き続き注意が必要です。

わが家の田んぼでは、ちょうど穂が出始めているところなので、雨が続くと受粉がうまくいかないかもしれません。泣いても悔やんでも人間の力ではどうしようもありません。自然相手の農業というのはこんなものなのです。

先進国と言われる国で、食料自給率39%などという国が日本以外にあるのでしょうか。安倍政権は、TPP推進で日本農業の息の根を止めるつもりらしい。_DSC4181

広告

ご注意ください」への2件のフィードバック

  1. 先日、 牟岐町長に「お金や技術を使わずに、
    牟岐町を再生する手法」、 と題して、
    十数枚の資料を添えて、私見を提出しました。

    一言でいうと、 「お礼肥え」。
    牟岐川(昔は大川と言っていました)で生物の姿が激減して
    死に体になって居ても、平成の時代に活躍している人達には
    現状が当たり前の感じで過ごしています。

    人工的な物は一部の人達に利益を与えても、
    直ぐに駄目となる事例に満ち溢れているが、
    自然の恵みは何百年と継続しながら多くの住人に恵みを与える。

    受粉を始め、人体への好影響を貰えるのも
    自然との共生に依る所は図り知れません。

    現在の生活に追われる者たちには、現状の過ごし方を基本として
    日々の努力に励まれるのも当然ですが、
    嘗ての牟岐町を知っている昭和世代が、 滅私奉公的な気持で
    大川の蘇りを図らねば、 町の再生は有りません。

    手段は至って簡単なもので、
    「し尿の再利用 と 生ゴミの活用」、 これだけで川と海が生き返ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中