野党の本気度が試されています

「憲法守れ」「戦争法の廃棄・閣議決定撤回を」、この国民のみなさんの願いを実現するために野党の果たすべき責任は重大です。ただ、「あの政党は嫌いだ」「政策が違う」「あの政党は信用出来ない」などということも正直あると思います。しかし、安倍自公政権の立憲主義否定の暴挙を前に今のまま傍観するわけにはまいりません。この際、立場の違いは横において一致点で団結し、暫定的な政府にならざるを得ませんが、新しい政府をつくりましょう。野党の本気度が問われています。
今朝の徳島新聞でも、共同通信が行った野党統一候補擁立の場合の得票試算を掲載しています。

野党の本気度が国民のみなさんに伝われば、試算以上になるのは間違いないでしょう。

_DSC10401

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中