おんぼろトラクターで田んぼの耕運をしていたのですが、そこに鳥が飛んできて土の中に頭を突っ込んで何かを食べ始めました。カエルやミミズを食べているのでしょうか。その鳥は、トンビに良く似ているけど、少し小さい感じでしたので、トンビの若鳥かなって思っていました。
そこに、Sさんが通りかかりました。Sさんとは久しぶりだったので世間話をしていたのですが、鳥のことについて詳しいSさん、目敏くその鳥をみつけ、「ノスリがおる」って言い出しました。聞いてみれば、その鳥は鷹の仲間で「ノスリ」というのだそうです。長いこと生きてきましたが、身近な所に鷹がいるのを初めて知りました。

_DSC2263 _DSC2245

」への2件のフィードバック

  1. 原発賛成という人たちが居ます。
    エネルギーのこと、経済のこと、科学の進歩へのゆるぎなき信頼etcいろいろな理由があるのでしょうが、やがて三年目が来るフクシマに帰る見通しが立たないのが原発事故のいまの姿です。
    賛成するにしろ反対するにしろ、公私ともにそれこそ真摯な意見交換が必要ではないでしょうか。
    『フクシマの野に出て遊ぶ小雀が「遠くへ飛べるノスリはイイネ」』

  2. りいちさんへ コメントありがとうございます。 原発に限らずTPP参加、憲法改正、米軍基地問題など、国民間で議論する場があまりにも少ないというのは感じますね。
    原発については、環境に優しい、低コストなどを理由に推進されてきましたが、今回の福島原発の事故で、人類と原発は共存できないということが事実で証明されたのではないでしょうか。それを海外輸出ななんて正気の沙汰とはとても思えませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中