3兄弟から初の手紙が

008

話せば長くなるので多くは略しますが、5年ほど前からRくん、Sくん、Rくんの3兄弟と週に1度、電話で会話をするようになりました。長男のRくんと話し始めたのが1歳半くらいのときだったので、最初は、受話器から声が聞こえるのが不思議だったようだったし、言葉自体十分話せなかったのでほとんど会話にはなりませんでした。それでも繰り返し電話をしているうち私からの電話を待っていてくれるようになり、この頃では、兄弟3人と順番で会話をするようになりました。

6月11日、次男のSくんが6歳の誕生日だというので、小学一年生で長男のRくんに読んでもらおうと、ひらがなでSくんあての手紙をだしました。聞いた話では、随分喜んでくれたようで、 3兄弟そろって私に手紙を書いてくれました。私も、チビちゃんたちから手紙をもらうなんて初めてのことだし、嬉しかったです。

チビちゃんたちの手紙を紹介させていただきますね。

Rくん おちゃんへ  でんわしてくれてありがとう おちゃんすき おちゃんうみにいてあそぼな。 がっこうがんばるよ。 しょがこうたのしいよ。

Sくん おちゃん おてがみありがとう おちゃんだいすき おちゃんまたうみにいこな。

4歳のRくんは絵を描いてくれました。

3兄弟から初の手紙が」への2件のフィードバック

  1. いいですね~。私も学童保育の指導員をしていた時に、よく子ども達からお手紙をもらいました。『おちゃん』とか書いているところがほほえましくて、嬉しいんですよね。
    どうか、これからも優しく三兄弟の成長を見守っていってくださいね。

    • tibiponhouse さんへ コメントありがとうございます。
      事情があって彼らには父親がいません。父親代わりは無理としても、じーちゃん的存在にでもなれればと思っています。まだ一回しか会ってないのですが、電話で話しているせいか、膝に乗っかってきたりして、すごく可愛いんですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中