南相馬に行ってきました  その2

 初日の仕事は、原発事故で避難を余儀なくされた方々の住む仮設住宅への支援物資のお届けです。香川や徳島から届けられた米、うどん、ジャガイモなどを京都からこられた4人の方たちとビニール袋に小分けしました。

 

 

 

 

ずらりと並んだ仮設住宅 テレビでは良く見る風景だが、狭いし、夏は暑く、冬は寒そう

仮設での生活は、基本的には2年ということらしいけど、原発事故の収束は、まだまだ時間がかかりそうだし、先の目途がたちません。

あいにくの雨でしたが、ハンドマイクでお知らせをすると集会所はあっという間に人で一杯になりました。徳島と香川の新米で~すって声をかけると、次々受け取っていかれます。なかには農家の方もおられ、「家に帰れば、米はあるのだけどな~」って、複雑な表情を浮かべられる方も。早く帰られれば良いんだけどね。

続きは次回で

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中