イノシシが捕獲檻に入りました

牟岐町内妻地区に設置した捕獲檻(1基あたり町3万円助成)4基のうち1基に今猟期第1号のイノシシが入りました。

内妻地区では、今年で4年目になりますが、出役で捕獲檻を作成し、毎年数頭のイノシシを捕獲しています。捕獲できれば、5人ほどで解体し、地区内の希望者に配分します。

以前は、イノシシによる農作物被害がかなりありましたが、この頃は目立った被害はなくなってきました。

第1号のイノシシは、60キロほどのオス。かなりの大物です。

鋭い牙。この牙にかけられるとナイフのように切れます。

今晩あたり、牡丹鍋として食卓をにぎわせているかも知れません。

イノシシが捕獲檻に入りました」への4件のフィードバック

    • 餌のヌカを腹いっぱい食べていて、太っているように見えますが、脂ののりは、もうひとつです。こちらは暖かいので、正月くらいからが旬になります。

  1. 2010年12月6日の猪の牙の写真を学術雑誌に引用してもいいでしょうか。猪に噛まれた人のレポートを英語で書いています。雑誌はWilderness & Environmental Medicineになります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中