日本共産党大演説会に参加しました

 

 

5日、アスティとくしま(県内1の会場)で、志位和夫、古田元則氏などを弁士に日本共産党大演説会が開催され、海部郡からは、大型バス2台で参加しました。 全体で2200名の参加があったようです。

 

特に印象に残ったのは、「アメリカにも財界・大企業にも、はっきりものが言える政党」が、今ほど求められている時は無いということです。

新総理の菅氏は、鳩山氏、小沢氏が辞めたことにより、重荷が取れたなどと発言しているが、とんでもない思い違いです。日米合意はそのままだし、「政治とカネ」問題は、解明されていないではないですか。今のままの姿勢を続けるつもりならば、いずれは鳩山総理と同じ道を歩むことになるでしょう。

 

帰りのバスの中では、「北方領土問題について言及がなかった。沖縄も大事だが、この問題も忘れては困る」「あちこち走り回って委員長は大変だ。毎日、どんな生活を送っているんだろうか」「党の農業政策と民主党の政策との違いは」などの意見、感想、質問が出されました。また、「沖縄を返せ」を歌っていただいた方もおいでました。

10時頃、牟岐町に到着しましたが、ふと携帯電話をみると、町の副議長から「お疲れ様でした」との留守電が入っていました。自家用車で聞きに来てくれていたようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中