内妻川の葦、土砂の除去作業が始まりました

 

昨年度の内妻部落会総会でも問題になっていた内妻川の葦、土砂の除去作業が、いよいよ始まりました。

河川改修後、葦などが急速に繁茂したことが一因になり、土砂が堆積し水害が心配されていたもので、総会での意見を基に、昨年10月、町・県に要望書を出していました。

葦は、水質の浄化に一定の役割を果たしているのですが、繁茂しすぎると土砂の堆積などの原因になる場合があるので、適切な管理が求められます。

 

内妻川の葦、ならびに土砂除去についての要望書

                                                             内妻部落会総代 

 

 貴職においては、住民の命と暮らしを守るために日々奮闘され、地域住民としては大変ありがたく思っています。

 さて、既にご承知のように、内妻川には葦が繁茂し、そのことが一つの原因になり、毎年のように土砂が堆積しております。以前に比べると河川改修がされ、川幅も広がっていますが、山の保水力低下が影響しているのではないかと思われますが、近年、雨が降れば急に水嵩が増えるという状況が見られ、このまま放置すると、台風時など水害が心配されます。

 よって、左記について要望いたします。

1、 葦の除去、ならびに堆積した土砂の除去を、県に働きかけて下さい。

                            平成   年  月  日

牟岐町長  大神 憲章 殿

 

 

内妻川の葦、ならびに土砂除去についての要望書

                                                                   内妻部落会総代

 

 貴職においては、住民の命と暮らしを守るために日々奮闘され、地域住民としては大変ありがたく思っています。

 さて、既にご承知のように、内妻川には葦が繁茂し、そのことが一つの原因になり、毎年のように土砂が堆積しております。以前に比べると河川改修がされ、川幅も広がっていますが、山の保水力低下が影響しているのではないかと思われますが、近年、雨が降れば急に水嵩が増えるという状況が見られ、このまま放置すると、台風時など水害が心配されます。

 よって、左記について要望いたします。

1、 葦の除去、ならびに堆積した土砂の除去

                           平成   年  月  日

徳島県知事 飯泉 嘉門 殿

 

 

 

昨年6月の大雨時 

葦などが一面に繁茂し、大雨のたびに土砂が堆積してきました

 

 

 

 

 

 

昨年10月の台風で大量の土砂が堆積

 

葦の刈り取り作業後、土砂が除去されます

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中