鳴門市議選の応援に行ってきました

 

6日投票の鳴門市議選は、定数22に24人が立候補する少数激戦となっています。日本共産党は、田渕豊さんが引退し、上田公司(47歳)さんが鳴門に移住しての立候補です。

日本共産党の議席は40年にわたり維持してきており、他陣営からは意識的に「大丈夫論」を口コミで流されています。しかし現実は、候補者本人の知り合いもほとんど居ないし、党の力も弱体化しており大変厳しい選挙を強いられています。

牟岐からは距離があり、応援に行くのも大変ですが、選挙は時間が限られていることもあり、少しでも手伝いが出来たらと牟岐の大谷氏、阿南の保岡氏と出かけました。

鳴門市大谷に事務所をかまえています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保岡氏は街頭演説  大谷氏と私は、ビラ配布に出かけました

せっかく鳴門まで来たので四国八十八ヶ所第一番札所、霊山寺「原爆の火」を見学してきました

 

 

鳴門市議選の応援に行ってきました」への2件のフィードバック

  1. hujiiです。デジカメ出現おめでとう。『忘れ物探す時間を差し引くと なるほど年月経つのは早い』 数年前のわたしの歌です。めがね9ケといい、少し息抜きが必要になっているのではありませんか。要注意!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中